家づくり日誌

福井市 SK様邸新築工事 床材、天井材施工

2018.06.06 | コメント 0 件

床張り中

 

天井板張り中

 

福井市SK様邸は、断熱材の施工も終わり、床材と天井材の施工に入っています。

床材、天井材とも杉材の上小材(節の少ない材料)にて準備しています。

天井部分は長期優良住宅での結露計算にて気密シートが必要になっていましたので、シートの施工後に板張りに入っています。

床材

上の写真は床材になります。今回30mm厚のフローリングを採用しています。杉材ですので、柔らかい足ざわりの良い感触がします。

 

 

 

前回のブログで、断熱材の厚みをご紹介しましたが、天井部分の断熱材の厚みで300mmをとるの事は珍しいとのことでしたが、昨今の高気密高断熱住宅ではチラホラあるみたいです。

吹き込みが終了次第、床張りと天井の板張りに入っていきます。

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


大阪のホームページ作成会社