施工事例

大切な思い出を残す二間続きの和室のある住まい

鯖江市

物件 鯖江市
新築一戸建て(木造2階建て)2022年11月完成
床面積 236.53㎡(1階154.85㎡/2階81.68㎡)

既存の一部の建物を残しての建て替え工事をさせていただきました。土砂災害特別警戒区域に指定されている場所での工事となるため、建て替えには様々な制約があり、お施主様がどの会社に頼もうかお知り合いの方にご相談されたところ、弊社のことをお勧めされたそうです。そこから住まいづくりのお話をさせていただきました。

土砂災害特別警戒区域についての規制は、着工前に県に確認をして設計を進めさせていただきました。

↑建替え前のお住まい

↑基礎工事

↑建て方

↓お施主様のご要望から二間続きの和室を設けました。

この和室の欄間と仏間の扉は建て替え前のお住まいで使われていたものを使用しています。お施主様のお父様が選ばれたもので、大切にされているとお聞きしていましたので和室はそれを活かせるように設計しました。

↓2Fホール・居室

「お盆やお正月など、家族が帰省したときに気兼ねなく泊まれるような部屋を設けたい」というご要望から、2Fにはゆったりと過ごしていただける居室と、洗面、洗濯スペース、トイレを設けています。

↑玄関框・カウンターには檜、天井の羽目板には杉を使用しました。

床材は、1・2Fともにナラの突板を使用しています。