施工事例

床座を楽しむ無垢材の住まい

鯖江市/長期優良住宅

物件 鯖江市/長期優良住宅
新築一戸建て(木造2階建て) 2021年2月 完成
床面積 124.10㎡(1階73.52㎡/2階50.58㎡)
性能・等級 住宅性能評価―
耐震等級 3(積雪時2)許容応力度計算による
省エネルギー等級 4
UA値: 0.31W(㎡・K)
C値: 0.2(㎠/㎡)
長期優良住宅

お施主様から最初にお聞きしたのは、「リビングはソファを置かずにくつろげるようにしたい」「キッチンはL型の壁付けがよい」「ランドリールームを設けたい」「リビングを通って2Fに上がれる間取り」「丈夫で暖かい家にしたい」というご要望でした。

床座が心地よい空間づくり

リビングはソファを置かずにくつろげるように、床材は直接寝転がっても肌ざわりが気持良い無垢のカバ桜を採用しました。 カバ桜は、優しい木目と色合いでつやがあるのが特徴です。目が詰まっていて程よい硬さなので比較的傷がつきにくい木材です。
リビングの一部を小上がりの和室とすることで、畳の上で横になったり、縁に腰をかけたりして、くつろいでいただくスペースとしました。また、お子様のお昼寝のときや来客時などは襖を閉めて独立した部屋としてお使いいただくこともできます。


家事がしやすい工夫がたくさん

ダイニングキッチンには、奥様がご希望されていたL型キッチンと、隣には家電と食器が収納できる無垢材の造作カウンターを設けています。
「自然な感じの無垢板がいい」というご要望から、耳付きのナラの一枚板を使用しました。(耳付き板・・・丸太の樹皮に近い部分の曲線を残した板のこと)

パントリーや、小上がり下の引き出しなど、収納スペースもしっかりと確保しています。
ランドリースペース・トイレ・洗面脱衣室・バスルームは、家事動線を配慮し、近い場所にまとめました。


床座が心地よい空間づくり

2階へ上がる階段はリビングの奥にあり、吹き抜けを設けました。
2階の寝室と吹き抜けの間にある壁には障子窓を付けており、吹き抜けを通して1階の気配が感じられるようになっています。


2階にも収納がたくさん

2階は主寝室と、将来間仕切りをして子ども部屋が作れるスペースとしています。
主寝室はウォークインクローゼットを備えており、しっかりと収納量を確保しています。
また、小屋裏のスペースもありますので収納の予備スペースとしてもお使いいただけます。