施工事例

暮らしやすい動線にこだわった自然素材の住まい

鯖江市/長期優良住宅

物件 鯖江市/長期優良住宅
新築一戸建て(木造2階建て) 2022年3月 完成
床面積 193.66㎡(1階141.16㎡/2階52.50㎡)インナーガレージ 42.85㎡含む
性能・等級 住宅性能評価―
耐震等級 3(積雪時2)許容応力度計算による
省エネルギー等級 4
UA値: 0.28W(㎡・K)
C値: 0.2(㎠/㎡)
床下エアコン・小屋裏エアコン
長期優良住宅

安藤建設の敷地内にある自然素材を使った住まいの見学会にお越しいただいたことがきっかけで、住まいづくりをお手伝いさせていただけることになりました。

お施主様から最初にお聞きしたのは「木をたくさん使った木の香りがする住まいにしたい」「玄関は収納を設けず、脇玄関に収納を多く設ける」「来客時には隠せるランドリールーム」「段差のない8畳の和室」「スタディコーナーを設けたい」「床下エアコン+小屋裏エアコンを設置したい」「インナーガレージを設けたい」というご要望でした。

玄関にはタモの一枚板のベンチ兼カウンターを設けました。手すりには杉の絞り丸太を使用しています。

ベビーカー、コートなども収納可能な広さのある脇玄関も設けました。手洗いスペースへとつながる動線となっています。

眺望を生かしたLDKは、隣家の見え方も考慮し窓の配置を決めました。小屋裏まで続く吹抜けのある広々としたLDKとなっています。

床材は優しい肌触りのカラマツです。天井と格子、建具、テレビボードの扉には杉、テレビボードのカウンターは強度のあるタモを使用しています。壁には化学物質を使用していない天然素材のクロスを使用しています。明るい白のクロスですが、汚れが付いてしまった場合は上から塗装することも可能です。

LDKにつながる8畳の和室。引き戸で仕切っていただくこともできます。隣にはファミリークロークを設けました。

キッチンの奥にはパントリー、背面にはキッチン家電の置ける無垢の杉を使用した造作のカウンターを設けました。カウンターはタモの一枚板です。

家事をしながらお子さまを見守ることができるスタディコーナーをキッチン隣に配置しました。

キッチンから洗面脱衣室→ランドリールームへと続く回遊できる動線となっています。

2Fのスタディコーナー。タモの一枚板を使用しています。

小屋裏が見える4.5畳+収納スペースのある子ども室。

遊び場や収納スペースとしてお使いいただける小屋裏です。固定資産税のかからない1.4メートルの高さにしています。奥に小屋裏エアコンを設置しました。(床下エアコンはリビングに設置しています)

2Fと小屋裏の床材には程よい硬さのあるカバザクラを使用しています。

外壁には、自然素材ならではの風合いがあり、劣化や退色がしにくいシラスそとん壁を使用しています。